赤クマの治し方

Pocket

目の下の赤クマの治し方

赤クマの原因も『血行不良』によるものが大きいので、青クマ同様「血行不良」を解消することが「赤クマ」を治す解決方法になるといえます。

赤クマの解決方法を挙げてみると、主に以下の4つが考えられると思います。

✔目元の血行促進を促す(蒸しタオル・マッサージ)
✔血行促進に効果のある食生活に気をつける・必要な栄養素を摂取する
✔アンチ・エイジング対策をする
✔コンシーラーで赤クマを隠す

それでは、上の4つをそれぞれ詳しく見ていきたいと思います。

赤クマの治し方1ー血行促進

こちらも青クマと同様に、生活習慣の見直しをすることをまず、おすすめします。たとえば、

    • 十分な睡眠時間をとり、寝不足が続かないように注意をする。
    • 体を冷やさないように気をつける。適宜体を温める。
    • パソコンやスマホ、ゲームを長時間やり過ぎないように注意する。

仕事が不規則だったりすると、「規則正しい生活」をすることはなかなか難しいかもしれませんが、ストレスや疲労に気をつけ、自己管理をすることが必要です。

規則正しい生活を心がけたり等、生活習慣の改善は、青クマのみならず、「赤クマ」を治すためのまず一歩と言えるでしょう。

そしてそのうえで、時々目元に蒸しタオルをあてたり、マッサージをしたりなどして、目の周りの血行を良くしてあげましょう。

⇒ 「蒸しタオル」のあて方についてはこちらのページを参考になさってください!

目元のマッサージは「青クマ」に限らず、目の下のクマの解消に効果的ですので、ぜひ試してみてください!

⇒「目元のマッサージ」についてはこちらからご覧ください!

 

赤クマの治し方2ー食生活を見直す

赤クマを治すために、食生活も見直す必要があります。青クマのところでも紹介したように、「鉄分」の摂取を意識する必要があります。実は「鉄分の不足」が「冷え性」の原因にもなるからです。

「鉄分」は豚レバーや鶏レバー、また、ほっき貝、みる貝、そしてひじきや小松菜などにも多く含まれています。そして、バジルやタイム、こんにゃくからも鉄分は摂取が可能です。

また、「ポリフェノール」には抗酸化作用の他に、血行を良くしてくれる作用もありますので、ぶどうやカシス、ブルーベリー、マンゴーやりんごなどのような果物からとることをおすすめします。なお「ポリフェノール」は赤ワインや緑茶、チョコレートなどにも含まれています。

「鉄分」や「ポリフェノール」を食事に取り入れることを意識してみてるといいでしょう。

⇒「鉄分」や「ポリフェノール」についてもっと詳しく知りたい人はこちらをご覧ください。

このように「赤クマ」を治すには、食生活を見直し、必要な栄養素を摂取することも必要です。

 

赤クマの治し方3ーアンチ・エイジング対策

目の下の脂肪ができてたるんだり、筋肉がゆるむのは加齢によるものですので、アンチ・エイジングケアも行っていきましょう。

これをきっかけに「ヒアルロン酸」や「コラーゲン」、またビタミン配合の化粧品や化粧水に切り替えて行くのもいいでしょう。またビタミンCは抗酸化にも効果がありますので、食物として積極的に(食べ過ぎにならない程度で)摂取していくことが望ましいでしょう。

 

赤クマの治し方4ーコンシーラーを使う

これは根本的解決にはなっていませんが、「化粧で赤クマを一時的に隠す」という方法です。
赤クマを隠すには、イエロー系のものがおすすめです。ただし赤クマが濃い場合にはグリーン系のものの方がいいでしょう。

目の下の赤クマの部分にはファンデーションは使わずにコンシーラーだけの方が理想的ですが、もしクマがひどいようであればファンデーションを使いましょう。なお、アイシャドーには、赤クマを強調してしまうようなピンク系や赤系よりも、グリーン系のアイシャドーをおすすめします。