目の下のクマの種類

Pocket

ひとくちに「目の下のクマ」と言いますが、実は目の下のクマには4種類あるのはご存知でしたでしょうか。

目の下のクマの種類は青クマ、赤クマ、茶クマ、黒クマの4つ

目の下のクマには、青クマ」「赤クマ」、「茶クマ」、そして「黒クマ」と4つの種類があります。

なお、「青クマ」「茶クマ」「黒クマ」の3種類に分けているサイトもありますが、このブログでは4種類に分けて考えて行きたいと思います。

スポンサードリンク

目の下の「青クマ」

青クマとは目の下が青くなっている状態です。
目の下の青クマは、血行不良が原因と言われています。体が疲れていたり、冷えたりすると血液の循環がうまく行かなくなります。この状態は「血行不良」と呼ばれ、血行不良になると酸素不足になり、血液が黒ずみます。

目の下の皮膚は元々薄いため、この黒ずんだ血液が透けて青白く見えてしまうようになります。これが青クマの原因となるものです。

体の疲れと冷えの他に、パソコンやスマホなどによる目の酷使も、青クマの原因となります。

ストレスや寝不足は体の疲れにつながるので、環境の調節や健康管理が青クマの解決には必要と言えるでしょう。

「青クマを治す方法を詳しく説明しています」(Coming Soon!)

目の下の「赤クマ」

赤クマとは目の下が赤色になっている状態です。
このクマも「青クマ」同様、血行不良が原因ですが、赤クマの場合それに加えて、目の下の脂肪(眼窩脂肪=がんかしぼう)が浮き出てふくらんで、それが影となり、クマのように見える状態となります。この脂肪が目の下の方にある筋肉(眼輪筋=がんりんきん)を圧迫して、赤く透けて見えるようになります。

目の下の脂肪が浮き出る原因というのは主に加齢によるものと言われています。年をとるにしたがい、下まぶたの皮膚が薄くなり更に弱くなってまい、たるみが前に出てきます。

目の下の眼窩脂肪(がんかしぼう)を支えている筋肉がゆるみ、その下にへこみもできます。その影が黒く見えてしまい、赤クマとなってしまいます。。

赤クマ防止にはアンチエイジング・ケアが必要と言えそうです。また眼輪筋を鍛えるエクササイズというのもあるようです。

「赤クマを治す方法を詳しく説明しています」(Coming Soon!)

スポンサードリンク

 

目の下の「茶クマ」

茶クマとは目の下が茶色くなっている状態です。
目の下の茶クマは色素沈着によるものと言われています。目の下にメラニン色素が沈着することによって、「くすみ」となり、目の下が黒ずんだ茶色になります。

また、角質層が分厚くなってしまう「角質肥厚(かくしつひこう)」も茶クマの原因になります。

メラニンは紫外線を浴びたり、目の周辺をこすって肌に刺激を加えると、大量に作られます。更に、アイメイクがきちんと落とし切れていなかったり、肌に合わない化粧品を使っていたりすると色素沈着が起きやすくなります。

紫外線の浴びすぎに注意したり、寝る前に洗顔をして、きちんと化粧を落とすことを忘れないようにしなければなりませんね。

「茶クマを治す方法を詳しく説明しています」(Coming Soon!)

 

目の下の「黒クマ」

黒クマとは目の下が黒くなっている状態です。
目の下の黒クマは、目の周りのくぼみやへこみが原因で影ができることで黒く見えるものです。この目の周りのデコボコは生まれつきというのもありますが、加齢によって目の周りが痩せてしまうのが原因です。

これも「赤クマ」と同様、アンチエイジングケアが必要と言えるでしょう。

「黒クマを治す方法を詳しく説明しています?」(Coming Soon!)

 

以上が4つのクマと原因についての概要です。簡単にまとめてみると、

「青クマ」は血行不良、「赤クマ」と「黒クマ」は加齢によるものが大きく、「茶クマ」はアイランやアイシャドウ、ファンデーションなどの化粧品が関係するようです。

あなたの目の下のクマの種類はどれ?

ところで、あなたの目の下のクマの種類はどれでしたでしょうか。

私の目の下のクマの写真をここで出してみたいと思います。私の目の下のクマはどの種類だと思われますか?

これは私の目の周りですが、「青クマ」ではなさそうです。おそらく、「赤クマ」と「黒クマ」、そして「茶クマ」の混合ではないかと思います。

そして目の下の「たるみ」も入っていますね❗(^_^;)💦

(加齢だから仕方ないか〜(泣))

「目の下のたるみ」についての原因や解説はこちらでしています〜♡」

あなたの目の下のクマはどのタイプ化か分かりましたか?あきらめずに一緒に解決していきましょうね (^-^)

 

【結論】

●『目の下のクマには4種類あって、原因が違う。そして対策も異なる』

 

スポンサードリンク