目の下のクマの原因

Pocket

ここでは、「なぜ目の下にクマができるのか」その原因を説明したいと思います。

目の下にクマができる原因

(概要)
目の下にくまができる原因として考えられているのは大きく分けると次の5つになります。

  1. 血行不良
  2. 色素沈着
  3. 脂肪による眼輪筋の圧迫
  4. 筋肉の衰え
  5. 病気(肝機能異常、バセドウ氏病、自律神経異常)

「1」と「2」に関しては体調管理や生活改善をすることである程度おさまりますが、「3」と「4」に関しては「加齢」によるところのものが大きいため、アンチエイジングなどの対策が必要です。

「5」が原因のものは、医師の診断や治療が必要となります。

このブログでは、「1」から「4」が原因の「目の下のクマ」について解決・対策を試みたいと思います。

それでは更に詳しく見ていきましょう。

目の下のクマの原因は種類によって違う

実は目の下のクマは4つの種類があり、それぞれ原因が異なります。大切なことは、自分の目の下のクマがどれであるかまず見極めることです。4つの種類とは、

  • 青クマ
  • 赤クマ
  • 茶クマ
  • 黒クマ

以上の4つです。

この4種類のクマと原因についての概略をこれからお話します。なお、4種類のクマについて詳しくこちらのページで説明していますので、お急ぎの方は先にこちらのページにどうぞ♪

 

青クマの原因

 青クマは「疲労」「冷え」「眼の酷使」等による血行不良が原因と言われています。目元をマッサージしたり温めたりすることで、ある程度解消ができます。また食事に気をつけることも必要です。

→「青クマの治し方」について説明しています。

赤クマの原因

 赤クマは目の下の脂肪が浮き出てくることが原因と言われています。血行不良が原因にもなりますが、主に「加齢」によるところが大きく、アンチエイジング対策が必要です。マッサージや目の下のエクササイズが有効であるとも言われています。

スポンサードリンク

→「赤クマの治し方」について説明しています。

茶クマの原因

 茶クマは目の下にメラニン色素が沈着してくすみになることが原因と言われています。紫外線の浴びすぎに注意したり、使用する化粧品に留意したり、また洗顔を欠かさないなどの配慮が必要です。

→「茶クマの治し方」について説明しています。

黒クマの原因

 黒クマは目の周りにでこぼこができることが原因と言われています。このでこぼこは主に加齢による「目の痩せ」によるものなので、こちらもアンチエイジング対策が必要となってきます。

→「黒クマの治し方」について説明しています。

病気による原因

 目の下のクマは病気が原因で起こる場合もあります。

  • 貧血 ー 赤血球内のヘモグロビンが減ることで貧血になります。(「鉄欠乏性貧血」と呼ばれるものです。この場合、「青クマ」となって現れることが多いです。
  • アトピー性皮膚炎 ー  目の周り全体が茶色くくみ、「茶クマ」のような感じになります。
  • 肝臓・腎臓疾患 ー  肝臓や腎臓の機能が低下すると、老廃物を分解できず血流が滞ってしまい、目の下にクマができやすくなります。
  • パセドウ氏病 ー  眼球が出てくることにより眼窩脂肪も出てくるので、たるみのようになり、「黒クマ」のようが状態になります。
  • 自律神経の異常(うつ病など) ー 自律神経の異常により血行不良となり、「青クマ」ができることがあります。

目の下のクマだけではなく、体調もすぐれない場合には、病院に行って診てもらうことをおすすめします。また、心配な場合には医者に相談することを強くおすすめいたします。

 

スポンサードリンク