茶クマの治し方

Pocket

目の下の茶クマ

茶クマの主な原因は、こちらのページでも説明したように『(メラニン)色素沈着』によるものです。また角質層が分厚くなってしまう(角質肥厚(かくしつひこう)という)ことも原因の一つです。ですから、色素が沈着しないようにしたり、角質層が厚くならないようにすることが「茶クマ」を治す解決方法になると言えます。

茶クマの解決方法を挙げてみると、主に以下の5つが考えられると思います。

✔目をむやみにこすらない。
✔紫外線ケアを怠らない。
✔正しいアイメイク・クレンジングをする。
✔コンシーラーで茶クマを隠す。

それでは、上の4つをそれぞれ詳しく見ていきたいと思います。

茶クマの治し方1ー目をこすらない

目や目の周りが痒くなると私達はついつい目の周りを掻きがちです。しかしむやみに目の周りをこすってしまうと、色素沈着が起きてしまい、これが茶クマとなってしまいます。

乾燥が原因で目の周りの肌が痒くなることもありますので、パックをしたり、保湿クリームや乳液、美容液で保湿をしましょう。

なお、あまりにも痒みが続き、我慢できない場合には、アレルギーや病気が考えられますので、皮膚科に行って診てもらうことをおすすめします。

⇒目の周りの保湿のためのクリームや美容液ははこれです!(Coming soon!)

 

茶クマの治し方2-紫外線ケア

日光に当たりすぎるとメラニン色素が出てきます。そしてそれが茶色のシミやくすみとして沈着します。これは目の周りにも同じことが起きます。

表皮(肌の一番外側の表面)は新陳代謝によって周期的に新しいものと入れ替わります。(これをターンオーバーといいます。)

体調が悪かったりすると、このターンオーバーの機能が低下します。また加齢によってもこのターンオーバーの機能は低下していきます。そして、いったん色素が沈着してしまうと、なかなか元に戻すことが難しくなります。

UVケアの種類 ー「紫外線散乱剤」と「紫外線吸収剤」

UVケアには、「紫外線吸収剤」「紫外線散乱剤」の二種類があります。

紫外線吸収剤 ー 化学的な仕組みでエネルギーを吸収し、熱などのエネルギーに変換して紫外線が皮膚の細胞に浸透するのを防ぐ。

メリット:  紫外線を防ぐ力がとても強い。無色透明で塗り心地がなめらか。

デメリット:肌への負担が大きい。有機化合物であるため、また、化学変化が起こると、紫外線を防ぐ力が弱くなります。そしてこの化学変化によって、別の物質になったときの安全性に疑問が残ったり、環境への影響も懸念されます。

紫外線散乱剤ー物理的な仕組みで紫外線を散乱し、反射させます。パウダー状の散乱剤が肌を均一に覆うことで、紫外線を肌表面で反射、散乱させて紫外線の影響を防ぎます。

メリット:肌への負担が少ない。紫外線吸収剤のように化学変化を起こしません。

デメリット:白浮きしたり、ベタベつきがち。白浮きを改善した商品も出ていますが、この改善が人体への影響があるかどうかまだはっきりとしたことがわかっていません。

また、紫外線散乱剤の成分である酸化チタンや酸化亜鉛は紫外線が当たると活性酸素が発生します。そして菌や有機物を分解する化学変化が起きますが、これが肌への刺激となることがあると言われています。

吸収するタイプ(紫外線吸収剤)は、効果が高いのですが、お肌に負担がかかります。目の下は皮膚が薄くデリケートです。紫外線散乱剤の方をお選びすることをおすすめします。

⇒UVケア商品一覧はこちらから(Coming soon!)

 

茶クマの治し方3-アイメイクとクレンジング

順番が逆になりますが、先に「クレンジングについての注意点」を先に書きます。

アイメイク・クレンジングの注意点

茶クマの原因について書いたページにもあるとおり、茶クマの原因の一つが目の周りを掻いたり、こすったりすることです。ですから、メイクを落とすときにクレンジングクリームを使って目の周りをゴシゴシこすることはやめましょう。

そしてアイメイクを落とす時は、通常のメイク用のクレンジングクリームではなく、アイメイク専用のリムーバーを使いましょう。 できれば、アイメイク製品(アイシャドーやアイラン、マスカラなど)と同じメーカーのものを使うことをおすすめします。

どうしてかというと、そのメーカーの製品のアイメイクを落とすものとして作られているからです。アイメイク製品の元となる成分というのは各社異なります。その成分と、アイメイク専用のリムーバーの成分の相性が良くないと落ちづらく、かえって色素沈着をしたり乾燥してしまうのです。

アイメイクの注意点

目元をハッキリきれいにさせるために、アイランを目のふちのギリギリのところでひいたり、アイシャドーを塗っていないでしょうか?実はこれも色素沈着の一因となってしまいます。アイラインをひくときは、ほんの少しでいいので、目から1ミリずらしてひきましょう。

 

茶クマの治し方4-コンシーラーを使う

これは根本的解決にはなっていませんが、「化粧で茶クマを一時的に隠す」という方法です。
茶クマを隠すには、イエロー系からオレンジ系のコンシーラーがおすすめです。理想は2色使うことです。イエローで光を集め、オレンジで血色感を出します。

⇒「茶クマ」の解決のためのコンシーラーの使い方はこちらからどうぞ♫ (Coming soon!)

 

茶クマの治し方 注意点とまとめ

「茶クマ」は「しみ」の一種です。残念ながら一度できたしみを治すのは至難の技です。しみを消すために目の下をゴシゴシ洗っても返って逆効果で茶クマが広がってしまいます。美白化粧品も商品によっては目の下には刺激が強すぎる場合にはやはり逆効果になりますので注意しましょう。

茶クマは「これ以上作らない」注意をすることと、皮膚の再生「ターンオーバー」を正常化することが大切です。

⇒「皮膚の再生・ターンオーバー」についてもっと知りたい!(Coming soon!)