青クマの治し方

Pocket

目の下の青クマの治し方

青クマの主な原因は、こちらのページでも説明したように『血行不良』によるものです。ですから、この「血行不良」を解消することが「青クマ」を治す解決方法になるといえます。

青クマの解決方法を挙げてみると、主に以下の4つが考えられると思います。

✔規則正しい生活・生活習慣の改善
✔目元の血行促進を促す(蒸しタオル・マッサージ)
✔血行促進に効果のある食生活に気をつける・必要な栄養素を摂取する
✔コンシーラーで青クマを隠す

それでは、上の4つをそれぞれ詳しく見ていきたいと思います。

青クマの治し方1ー生活習慣の改善

    • 十分な睡眠時間をとり、寝不足が続かないように注意をする。
    • 体を冷やさないように気をつける。適宜体を温める。
    • パソコンやスマホ、ゲームを長時間やり過ぎないように注意する。

仕事が不規則だったりすると、「規則正しい生活」をすることはなかなか難しいかもしれませんが、ストレスや疲労に気をつけ、自己管理をすることが必要となってくるでしょう。

規則正しい生活を心がけたり等、生活習慣の改善は「青クマ」を治すためのまず一歩と言えるでしょう。

 

青クマの治し方2ー目元の血行促進

●蒸しタオル・マッサージ
パソコンや携帯・スマホを長時間使用する時間が長くなると眼精疲労を起こします。それにより血の巡りが悪くなるので、時々目元に蒸しタオルをあてたり、マッサージをしたりなどして、目の周りの血行を良くしてあげましょう。

⇒ 「蒸しタオル」のあて方についてはこちらのページを参考になさってください!

目元のマッサージは「青クマ」に限らず、目の下のクマの解消に効果的ですので、ぜひ試してみてください!

⇒「目元のマッサージ」についてはこちらからご覧ください!

 

青クマの治し方3ー食生活を見直す

青クマを治すために、食生活も見直す必要があります。特に、「鉄分」の摂取を意識する必要があります。実は「鉄分の不足」が「冷え性」の原因にもなるからです。

「鉄分」は豚レバーや鶏レバー、また、ほっき貝、みる貝、そしてひじきや小松菜などにも多く含まれています。そして、バジルやタイム、こんにゃくからも鉄分は摂取が可能です。

また、「ポリフェノール」には抗酸化作用の他に、血行を良くしてくれる作用もありますので、ぶどうやカシス、ブルーベリー、マンゴーやりんごなどのような果物からとることをおすすめします。なお「ポリフェノール」は赤ワインや緑茶、チョコレートなどにも含まれています。

スポンサードリンク

「鉄分」や「ポリフェノール」を食事に取り入れることを意識してみてるといいでしょう。

⇒「鉄分」や「ポリフェノール」についてもっと詳しく知りたい人はこちらをご覧ください。

このように「青クマ」を治すには、食生活を見直し、必要な栄養素を摂取することも必要です。

 

青クマの治し方4ーコンシーラーを使う

これは根本的解決にはなっていませんが、「化粧で青クマを一時的に隠す」という方法です。
青クマを隠すには、オレンジ系のコンシーラーがおすすめです。

なぜオレンジ系のコンシーラーがいいかというのを、色の原理から説明をします。

「色相環」という言葉をご存知でしょうか。「色相環」とは色相の総体を順序立てて円環にして並べたものをいいます。上の図はそれにあたります。

一番真ん中の上の色は「黄色」です。反対側の一番下の色は「紫」です。つまり、「黄色の補語色」は「紫」なのです。

さて、青色の補語色はというとオレンジになります。つまり、青クマを隠すには「補語色」であるオレンジ色のコンシーラーを使用するといいのです。

⇒「青クマ」の解決のためにおすすめのコンシーラーはこちらをご覧ください。

この「補語色」の法則は他のクマ(赤クマ、茶クマ、黒クマ)にもあてはまります。

 

青クマの治し方 まとめ

「青クマ」の原因である「血行不良」を治すのがまず再優先事項です。

生活が不規則になっている場合には改善できないかどうか考えてみましょう。また冷え性であったりしないか、ストレスがたまっていないか等、自分の体を見直してみたり、体調の管理をすることも必要です。そのために「食」の知識も有効であると言えます。

たいへんかもしれませんが、「青クマ」を放っておくと、「茶クマ」にもつながっていきます。また「青クマ」は、「茶クマ」や「黒クマ」と違い、生活改善をすると治る可能性が非常に高いクマなので、ぜひがんばって対策していきましょう!

スポンサードリンク