目の下のたるみの原因

Pocket

目の老けた印象を与えてしまう「目のたるみ」。原因は何なのでしょうか。

目の下のたるみの原因

目の下にたるみができるのは、「加齢」が原因で、「老化現象」の一つです。そして、この目の下のたるみには二種類あります。

✔眼窩脂肪の突出によるふくらみ
✔コラーゲンやヒアルロン酸不足

まずはこの2つの原因について詳しく見ていきましょう!

目の下のたるみの原因1 – 眼窩脂肪の突出

眼窩脂肪の突出による目のふくらみ

年齢とともに、眼球を支えている靱帯がゆるんできます。それに伴い、眼球が下に下がっていきます。その下がってきた眼球の重みにより、眼窩脂肪が押し出されて前に突出してきます。この前に突出した眼窩脂肪が目の下にふくらみを作ります。これが「目の下のたるみ」となります。

やっかいなことに、この「眼窩脂肪」は通常のダイエットではなかなか解消できません。また、老化が進むと、目の下だけではなく顔全体もたるんできます。

また、ふくらみの下が影になるので、ますますたるみが目立つようになります。

 

目のたるみの原因2 -コラーゲンやヒアルロン酸不足

加齢とともにコラーゲンやヒアルロン酸が不足する

コラーゲンやヒアルロン酸はお肌のハリや弾力を保つ大事な成分ですが、加齢とともに減少していきます。目の下の皮膚も例外ではなく、このコラーゲンやヒアルロン酸などの不足により、皮膚のハリや弾力を支えられなくなり、たるみが発生します。

また加齢によって、血液やリンパの流れが滞りがちになり、余分な脂肪や水分が排出されにくくなっていきます。そうすると、皮下組織の脂肪層が増加していき、更にたるみが増します。

 

目の下のたるみ-その他の原因

上記の2つの原因の他に、「紫外線」と「乾燥」があります。

紫外線を浴び過ぎると、眼輪筋や目の周りの皮膚を支えるコラーゲンなどの組織が破壊され、肌のハリや弾力が低下してしまいます。

また、乾燥すると肌の潤いが不足し、たるみが起こります。更に加齢によって肌の水分や油分が低下していくため、更に乾燥してしまいます。

 

以上が「目の下のたるみ」の主な原因です。これらの原因をふまえた上で、どうしたらいいか、「解消法」を見ていきましょう!

⇒「目の下のたるみの解消法」