月別アーカイブ: 2019年4月

[アイキララレビュー]解約の注意と使い方や目の下のたるみへの効果

「アイキララ」を使って2ヶ月以上がたちましたので、しかし残念ながら、期待していたような効果が2ヶ月では得られなかったため、解約をすることにしました。

先に「解約」についての注意点を書きます。そして、その後、使い方や効果などについて書いていきたいと思います。

アイキララレビュー:解約方法・注意点

『アイキララ』の解約は、<電話による解約><ホームページからの解約> の2つがあります。

なお、「アイキララ」の購入には以下の4種類がありますが、「今回のみ購入」で買った人は解約手続きは必要ありません。

「今回のみ購入」「お試し定期コース」「3ヶ月お届け基本コース」「年間購入コース」

 

アイキララの解約を電話でする

電話番号:0570-55-0717  (時間:10:00〜12:30 / 13:30〜17:00 土日祝休)

上のアイキララの販売会社の「北の快適工房」の電話番号に電話をかけて下さい。オペレーターが手続きをします。しつこい引き止めはありませんので安心して電話ができます。

なお、こちらは曜日と時間帯による電話の繋がりやすさの表です。

こちらを参考にしながら解約連絡の電話をすることをおすすめします。

 

アイキララの解約をネット(マイページ)からする

「北の快適工房」のホームページ(https://www.kaitekikobo.jp/) に行くと上の右よりに「ログイン」ページがあります。

ここから「メールアドレス」と「パスワード」(初期パスワードは申込時に入力した電話番号(ハイフン無しの半角数字のみ))を入れてログイン。

「会員専用メニュー」の「定期購入情報の変更」をクリックします。

その後、「この定期について変更手続きをする」から解約手続きを行います。

 

アイキララの解約の注意点

先ほど説明したように、「アイキララ」の購入方法には

「今回のみ購入」「お試し定期コース」「3ヶ月お届け基本コース」「年間購入コース」

の4種類があり、特に注意したいのは「お試し定期コース」での購入。(私は「お試し定期コース」で購入しました。)

「お試し定期コース」は必ず○○回以上注文しなくてはならないという縛りはありません。最初に購入したら、二回目以降ストップしてもいいのです。

また、「お試し定期コース」は、「今回のみ購入」よりも値段が10%オフとお得です。

しかし、このコースは自分でストップをかけないと、自動的に次の配達がされてしまいます商品が届いてしまうと、開封しなくても返品はできません。

当たり前のことなのですが、私配送のストップをかけるのをすっかり忘れていて、2回めの商品が手元に届いてしまいました。このあたりは注意が必要です。

解約を電話をした際に、「やめないで下さい」と止められることはありませんので、その点は安心です。しかし、一回だけのお試しで買おうと思っている人は、最初の商品が届いたらすぐにストップの手続きすることをおすすめします。

(忘れそうな人や忙しい人は、10%オフではありませんが「今回だけの購入」にしたほうがいいかもしれません。)

ただし、長く使った方が効果が得られるということで「北の快適工房」では一ヶ月だけではなく数ヶ月使うことをおすすめしています。

なお、「電話での解約」でも「ネット(マイページ)からの解約」でも、解約手続き語に確認メールが届きますので、必ずこのメールが届いているか確認して下さい!

アイキララレビュー:使い方と使い勝手

「アイキララ」は注射器の形をしています。しかし、この注射器をそのまま目元にあてるわけではありません。

下の「アイキララ」の画像の右側先端が丸くなっているのが見えると思いますが、これフタになっていて、このフタを開けて、左側の注射器の部分をプッシュすると白いクリームが出てきます。

上の写真では手の甲に取っていますが、実際に塗るときにはいったん、薬指の腹に乗せ、押さえるようにして5秒程度温めてから目元に塗ります。

塗る量は米粒大ですが(上の写真は両目分の量です。)、塗るとすぐに乾いて透明になります。

「アイキララ」の使い方の正しい順番は、

  1. 洗顔をする
  2. 化粧水で整える
  3. アイキララを使用
  4. 乳液やクリームなどを塗る

1日に2回、朝と夜にアイキララを使用します。

余談ですが、前に使用したことのある「キラリエ アイクリーム3」と比べると、こちらの方がちょっとネトっとした感じです。「キラリエ」の方がサラっとしています。

 

アイキララレビュー:目の下のたるみへの効果は体感できた?

この「アイキララ」は「目の下のクマ」と「目のたるみ」への効果ができると言われています。

商品に同封されていた「北の快適工房」のレターには、このように書かれてあります。

私たちは ‘目の下の皮膚痩せ’に着目しました。
目の下の皮膚は薄さ約0.6mmと人体で最も薄いと言われています。
そのため、年齢とともにコラーゲンが失われると、ハリを失い、さらに薄くなるため、眼球のクッションの役割をしている眼窩脂肪(がんかしぼう)を支えきれず皮膚が垂れ下がります。

これはこちらのページにも書いているように、まさに加齢による「目のたるみ」です。そして、

アイキララ』の浸透力特化型コラーゲン産生サポートによって、これまでよりも深く浸透(角質層まで)し「星部分に:求めていたハリを実感することができます。

それでは、2ヶ月ほど「アイキララ」を続けた私の目元です。↓

(照明のせいで、肌の色が異なって見えています。スミマセン!)

上が今年2月16日の午前11時に撮った写真です。
下が4月23日の午後21時に撮ったものです。

写真を撮った時間がそれぞれ昼と夜なので、照明のせいで肌の色味が違って見えますが、どちらも化粧しておらずスッピンです。

どうでしょうか?2ヶ月たったのですが、正直、変化があまり感じられないような気がします。若干右側のたるみが小さくなった気がしないでもありませんが・・・。

 

アイキララレビュー:目の下のクマへの効果は体感できた?

先ほどの「北の快適工房」からのレターには、またこのようにも書いています。

また、皮膚が痩せることで目の下の血色の見え方や流れの悪くなった影響が目立ちやすくなる、といったことが起こるのです。

これは「青クマ」になる原因ですが、私の場合、「茶クマ」と「目のたるみ」が混合していると思います。

しかし今、「目のたるみ」の効果のところで述べたように、「クマ」への効果もあまり感じられませんでした。

以前使った「キラリエアイクリーム」は最初から、こちらを最初に塗った際に(目の下だけではなく、目尻から上の方にも塗ってみたのですが)、その瞬間、パァっと明るくなる感じがありました。

しかし「アイキララ」には、初めて塗った瞬間に、そういう感覚はありませんでした。

 

アイキララレビュー:まとめ

「アイキララ」を2ヶ月ほど近く使ってみました。残念ながら私は効果を感じることができませんでした。

しかし、もう1ヶ月(合計3ヶ月)使ってみたら効果が出てくるのかもしれません。まだ残っているので、なくなるまで使ってみたいと思います。(ちなみにまだ1本目を使い切っていません。)

ところで、「アイキララ」で効果があったという口コミの中には、「肌に潤いが出てきた」というものも少なくありません。確かに塗った後は潤いが出ることは、私にも感じられました

3ヶ月以上長期で使ってみようと思う人や、目元の潤い用のアイクリームを探している人には、「アイキララ」はおすすめできると思います。

なお私は40代後半、「普通肌」です。

アイキララを購入するには公式サイトから



なお、塗った時に「サラっ」と感や、早めの効果を期待したい人は、「キラリエ アイクリーム3」の方がいいのではないかと私は思います。

「キラリエ アイクリーム3」を実際使ってみた私のレビューはこちらです。良かったら参考にしてみていただければと思います。

キラリエ アイクリーム3の効果は?口コミを見て私も使ってみた!

蒸しタオルは目のクマに効果がある!(検証結果)

最近は若い人でも目の下にクマができている人を見かけます。色々な理由が考えられるとは思いますが、スマホ(パソコンやゲーム)の使用が大きな原因の一つではないかと言われています。

このクマには「蒸しタオル」を使うといいと言われています。

 

蒸しタオルは目のクマに効果がある

スマホの画面を見ていると、まばたきの回数が減少します。このため目元の血行不良が起きます。この血行不良が「クマ」ができる原因になってしまいます。

この血行不良が原因でできたクマを取るのに効果があると言われているのが、「目の下に蒸しタオルをあてる」というものです。

私も試してみましたが、確かに目の下のクマの度合いは軽減されます。

「蒸しタオル」がなぜ効果があるのかということについて説明したいと思いますが、その前に実際「効果がある!」と言っている人達の口コミを見てみましょう。

 

蒸しタオルを使って実際に目のクマに効果があったことの口コミ

ネットでも多くの人が目の下のクマに「蒸しタオル」をすると効果があると言っています。

ただし、この「蒸しタオル効果」ですが、クマの種類や度合いによって効き目が異なりますので、ちょっと注意が必要です!

 

蒸しタオルで効果があるクマのレベル

ただし、蒸しタオルで効果があるのは主に「青クマ」「赤クマ」です。

こちらの「目の下のクマの原因」でも説明していますが、「青クマ」と「赤クマ」は目元の血行不良が原因でできるので効果があります。

ところが「茶クマ」はメラニン色素の沈着が原因によって起き、「クロクマ」にいたっては「加齢」によって起きるものですので、「蒸しタオル」だけで効果を期待することは残念ながらできません。

「目の下のたるみ」の原因は眼窩脂肪の突出であり、解決するには眼輪筋(目の下の筋肉)を鍛えるしかないからです。これは「黒クマ」も同様です。

それでも、「目の下のクマ(青クマ)(赤クマ)」が軽減すれば、目の印象は若々しくなりますので、特に混合型のクマがある人には「蒸しタオル」を活用することをおすすめします。

 

蒸しタオルが目のクマを消す効果がある理由

蒸しタオルをすると温熱効果で血流が良くなります。そのため、滞っていた目元の血流がよくなり青クマや赤クマが解消されます。

目の下だけではなく、人間の体は温めると血流が良くなります。「冷え」や「むくみ」の解消に体を温めたり、入浴・半身浴するのが良いと言われるのと同じ理由です。

 

蒸しタオルの作り方と使い方と注意点

以前もご紹介したかと思いますが、電子レンジで蒸しタオルを作るには、

✔タオルを水で濡らし絞る
✔電子レンジに入れて2分ほどあたためる。

これだけなので簡単ですね。

もし「電子レンジ」が使えない場合には、熱いお湯にタオルをつけて固く絞って蒸しタオル代わりにすることもできます。ただしこの場合蒸しタオルのように保温が長持ちしません。

また時間は若干かかりますが、蒸し器に入れて作ることもできます。

 

●「蒸しタオル」におすすめのタオル

サイズ:フェイスタオルのサイズのもの
素材:綿100% ( 保湿性・吸水性が良いので)

エステサロンや美容室では「スチームタオル 」を使っています。パイル部分を長めに織り上げているので肌触りが柔らかく、吸水性がよいのでおすすめです。


フェイスタオル 260匁 蒸しタオル スチームタオル 日本製 12枚セット

蒸しタオルを使用する時に気をつけたいことは、電子レンジから出したばかりの蒸しタオルはとても熱いので、注意が必要だということです。特に敏感肌の人は注意が必要です。

また、いわゆる「年齢肌」と言われる加齢に伴う肌は若い頃より弱くなっています。ちょっとした刺激でもダメージを受けやすくなっているので、「蒸しタオル」が熱すぎるものは勿論、やり過ぎも避けたほうがいいでしょう。

 

蒸しタオルを目にあてる時間

電子レンジで作った蒸しタオルは、そのままだと2分を過ぎたあたりから冷めていきます。3分を過ぎる頃には蒸しタオルとして機能しなくなってしまいます。

蒸しタオルは2〜3分ぐらいは目にあてたいものです。そこで、蒸しタオルを長持ちさせる方法をご案内します。

それは蒸しタオルをラップで巻いて電子レンジで加熱するというものです。

ラップで水に濡らしたタオルを巻き電子レンジ入れて加熱。加熱が終わったら、ラップを取らず、そのまま目元にあてます。

こうすると5〜6分以上は熱さが保たれます

私もやってみましたが、なんと10分以上熱いままでした。15分過ぎても十分「蒸しタオル」として機能していました。

 

さて、今回久しぶりに蒸しタオルを目元にあててみました。

私はかなりスマホをする方で、良くないと知りつつ寝る前もスマホの画面を見つめています。そのせいか、朝起きると、どんよりした目になっています。

今朝も起きたら、目の下のクマが目立っていたので、電子レンジで蒸しタオルを準備して、目の下だけではなく、目全体に蒸しタオルをあてました。

さて、こちらが蒸しタオルを4回あてた結果です。

上の方が蒸しタオルをあてる前、下のほうが蒸しタオルを4回目にあてたものです。

なぜ4回もやったかというと、「2〜3回やるといいですよと以前、フェイシャルエステに行った際に、エステティシャンとのおしゃべりでそのように聞いたからです。

ただ先ほども書きましたように、私のような「年齢肌」の世代は肌が弱くなっているので、4回はちょっとやりすぎかもしれません💦

上の写真の「蒸しタオルをあてる前」って、実は洗顔前だったりします。(^_^;) そのせいか肌(目元の)がちょっと汚いですねぇ〜。黒ずんでいるというか…。(蒸しタオルは洗顔してからあてたので、肌も綺麗になっていますね。)

上の写真だとうまくお伝えできないかもしれませんが、鏡をみると、明らかに蒸しタオルをやる前とやった後では目の下のクマの度合いが違っていたのが実感できました。

 

まとめ

上の写真は、何もアイクリームを塗っていない状態ですが、この後、化粧水で肌をととのえると、かなりいい仕上がりになります。

そしてその上でメイクをすれば、目の下のクマはかなり目立たなくなります(メイク術でも目の下のクマはかなりカバーすることができます。)

筆者も以前「蒸しタオル」→「アイクリーム」→「化粧」を体験済みです。

こちらに「キラリエアイクリーム」を使った時のレビュー記事を書いていますので、よかったらお読みください。

↓レビューより前に「キラリエアイクリーム」の詳細を知りたい人はこちら↓